札幌市白石区南郷18丁目の歯科・歯医者・小児歯科 ちかげデンタルクリニック

〒003-0023
札幌市白石区南郷通18丁目北1-20小林ビル2F

地下鉄東西線・南郷18丁目駅2番出口すぐ
中央バス「南郷18丁目駅」停留所徒歩約1分
駐車場2台あり
※東光ストアさんすぐとなり

ご予約・お問い合わせはこちら

月曜~金曜 最終受付19:00/土曜・日曜・祝日休診

出来るだけ痛くない、痛みの少ないむし歯治療。

むし歯の進行状況に合わせた歯科治療

長い年月をかけて、皆様の気付かない間に、むし歯は、徐々に進行していきます。歯が一度悪くなってしまうと、残念ながら元の状態に戻すことが出来ません。ですので、痛みや違和感を感じたら、我慢せずにすぐに早期発見・早期治療することが大切です。また、歯科医院にきちんと定期健診(クリーニングやメンテナンス)に来ていただくことが、早期発見・早期治療への一番の近道となります。

歯科医院では、むし歯の進行状況を患者様にきちんと理解していただくために、CO0→CO1→CO2→CO3→CO4といった記号でむし歯の進行状況を表します。

初期段階(CO0)であれば、しっかりとした処置をすることだけで、自然治癒(再石灰化)させることが可能になりますので、比較的簡単な治療で済ませることが出来ます。しかし、それ以降の段階(CO1~CO4)になってしまうと、歯科医院に行き、しっかりとした治療が必要になります。

  • 表面が白っぽく脱灰してる初期状態この段階では削らずにフッ素やシーラントで様子をみます。
  • エナメル質がむし歯になっている虫歯だけをとり、コンポジットレンジで治療します。
  • むし歯が象牙質に達しているコンポジットレンジやインレーで治療します。
  • むし歯が歯髄に達している虫歯を取り除き、歯髄(神経)をとる根管治療が必要となります。
  • 根っこを残して歯が溶けているほとんどの場合、抜歯となります。

のむし歯治療

C0のむし歯は、正しい歯みがき(ブラッシング)をするだけで、健康な元の状態に戻すことが出来ます。

  • ・ 歯みがき指導(ブラッシング)により、正しい歯みがき(ブラッシング)を身に付けましょう。
  • ・ あらかじめ、奥歯の溝の部分を樹脂で塞ぎます。(予防充填)
  • ・ きちんと定期健診をし、虫歯の観察をして予防しましょう。

のむし歯治療

C1のむし歯は、表面のエナメル質が溶けて、穴が開いてしまっている状態です。むし歯の部分を削り、歯と同じ色の樹脂(レジン)や金属で埋めます。

  • ・ 歯みがき指導(ブラッシング)により、正しい歯みがき(ブラッシング)を身に付けましょう。
  • ・ あらかじめ、奥歯の溝の部分を樹脂で塞ぎます。(予防充填)
  • ・ きちんと定期健診をし、虫歯の観察をして予防しましょう。

のむし歯治療

C2のむし歯は、開いた穴が象牙質にまで届いている状態です。冷たいもので違和感を感じるかもしれません。

  • ・むし歯を完全に取り除きましょう。
  • ・歯髄を保護するための薬を詰めましょう。
  • ・詰め物がしやすいように、歯の形を整えましょう。
  • ・詰め物を接着剤で固定しましょう。

のむし歯治療

C3のむし歯は、C2のむし歯に比べて、痛みの自覚症状が強くなるかもしれません。むし歯が神経に到達しているので、神経を除去し、歯内を消毒・除菌する治療が必要になります。

のむし歯治療

C4のむし歯は、残念ながら残すことが出来ないので、抜歯となります。しかし、周囲の骨や歯の根の状態によっては、歯を残すことが出来る可能性もありますので、まずはご相談ください。

軽度のむし歯であれば、むし歯部分を削り、消毒と除菌をし、薬を塗り、簡単な詰め物をいたします。治療に必要な日数も割と少なく済ませることが出来ます。

審美歯科について詳しくはこちら

むし歯がさらに進行すると、むし歯部分を削り、その上に土台を作ります。最後にかぶせものをして治療が終わります。あまりにもむし歯がひどい場合は、神経を除去する場合があります。重度のむし歯になってしまうと、段階を追って治療をしますので、歯科医院に何度も通わなくてはなりません。

審美歯科について詳しくはこちら

ちかげデンタルクリニックの出来るだけ痛くない・削らない歯科治療

ちかげデンタルクリニックでは、「痛くない」「抜かない」「削らない」治療をモットーにしております。
痛みを感じない歯科治療、これは全ての患者様が望むことであり、私たち歯科医師が望むことでもあります。
最近では、歯科医療の技術や材料などの品質が進歩し、出来るだけ痛くない治療が可能となりました。

「MI」という言葉をご存知でしょうか?

MIとは(Minimal Intervention)の略で、歯をできるだけ抜かず、削らずに治療を行おうという考え方です。今までの歯科治療は、むし歯になってしまった部分を削って詰め物をし、そして削る部分がなくなれば歯を抜いてしまうというものが一般的な治療の流れでした。

しかし、近年では歯科材料技術の進歩がめざましく、今までの歯科治療とは異なる考え方が徐々に歯科界に広まってきております。それがMI(できるだけ歯を抜かず、削らずに治療を行い、健康な歯を残していくという考え方)です。ではなぜ当院はMIを推進しているのか?
それは、MIをしっかりと実践し、患者様の理解を深めていくことで、「歯の寿命が延びる」ためです。ちかげデンタルクリニックでは、以下のステップでMI治療を行っております。

患者様とのコミュニケーション
不安や緊張があると、痛みに敏感になります。患者様と十分なコミュニケーションをとり、お互いに信頼関係を築くことがスタートとなります。
可能な限り痛くないようにテクニックを駆使した麻酔の注入
麻酔液を急激に注入すると組織が膨張し、痛みの原因となりますので、注入スピードを可能な限りゆっくり行います。
また、針をさす場所ですが、歯茎(硬い部分)と粘膜(柔らかい部分)では、粘膜のほうが痛みを感じる部分(痛点)が少ないので、粘膜の方に最初は打っていきます。
エキスカベーター
むし歯を最も正確に除去する方法は、熟練した歯科医師が、エキスカベーターを用い、丁寧にむし歯を除去することだという報告があります。
むし歯の治療と聞くと、ドリルの音や歯を削る様子が、頭に思い浮かぶかもしれません。むし歯になると、その歯は溶けて、柔らかくなってきます。その歯が柔らかくなった部分は、実はドリルを使わなくても、「エキスカベーター」という器具を用いて手作業で、むし歯の部分だけを丁寧に取っていくことができます。「エキスカベーター」は耳かきのような形をした歯科医療器具で、ドリルではないため、当然、音もありませんし、歯の健康な部分を余計に削らずに予防することができます。
カリエスディテクター
むし歯の治療をする際は、むし歯を完全に除去することが重要であるとされています。どの程度むし歯の細菌に感染されているかは、目に見えないため、全て歯科医師の指先の感覚で判断するしかありませんでした。

しかし、1973年に開発された、プロピレングリコールをアシッドレッドで染色したう触検知液は、細菌に侵されて再石灰化不可能なう蝕象牙質外層を、染色することができるため、視認による治療が可能となりました。「カリエスディテクター」という、むし歯の部分だけ染め出す液体を併用して、確実にむし歯の部分だけを除去することが出来ます。

もちろん、部分によっては、ドリルを使用しなければならないこともありますが、むし歯の状態によっては、染め出したむし歯の部分だけを、エキスカベーターによって、そっと除去することが出来ます。その場合、痛みを感じることも少なく治療が出来ます。
コンポジットレジン(CR接着修復法)
保険適用、もしくは保険適用外です。保険適用外での場合は、白いインレー(詰め物)を行っております。また、当院では、基本的に、セラミックなどの「インレー(詰め物)」は使用しません。インレーを詰めるためには、歯を多く削らなければならないからです。代わりに、コンポジットレジン(CR)を使用しております。
むし歯は早期発見・早期治療が大事

むし歯は我慢しないで、早期治療をすることが大切です。 また、定期検診(クリーニングやメンテナンス)に訪れることで、早期発見・早期治療につながります。

歯のクリーニングと定期メンテナンス

ちかげデンタルクリニック

ご予約・お問い合わせはこちら「ホームページ見た」と言ってください011-862-8241

診 療
一般、小児、歯周、審美、ホワイトニング
所在地
〒003-0023 札幌市白石区南郷通18丁目
北1-20小林ビル2F(東光ストアさんすぐとなり)
 
10:00 ~ 13:00××
14:30 ~ 19:00××

月曜~金曜 最終受付19:00/土曜・日曜・祝日休診

  • 地下鉄東西線・南郷18丁目駅2番出口すぐ
  • 中央バス「南郷18丁目駅」停留所
  • 駐車場2台あり

トップページ診療内容当院についてスタッフ紹介アクセスむし歯治療小児歯科治療歯周病治療レーザー治療審美歯科治療
ホワイトニング入れ歯・義歯採用情報新着情報 サイトマップ